ネットに詳しい選挙ウォッチャー 2.政治
現在の選挙制度の攻略法

日本の国会は、衆議院と参議院の2つの議会があり、2院制もしくは両院制と呼びます。詳しい選挙制度は割愛しますが、衆議院小選挙区の総定数が289で、衆議院比例区の総定数は176です。議員定数は248人ですが、3年ごとに半数改選であるため、参議院選挙区74議席と参議院比例区50議席に分かれます。

● 定数

衆議院:465人 参議院:248人

● 任期

衆議院:4年 参議院:6年

衆議院選挙は、小選挙区289、
比例代表176

現在の選挙制度の攻略法

衆議院小選挙区はすべの選挙区で定数が1のため、 1人だけしか当選しません。人名を書きます。比例代表はブロックごとに分かれています。政党名を書きます。

● 衆議院比例区ブロックごとの定数

比例北海道ブロック(定数8)北海道

比例東北ブロック(定数13)
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県

比例北関東ブロック(定数19)
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県

比例南関東ブロック(定数22)
千葉県、神奈川県、山梨県

比例東京ブロック(定数17)
東京都

比例北陸信越ブロック(定数11)
新潟県、富山県、石川県、福井県、長野県

比例東海ブロック(定数21)
岐阜県、静岡県、愛知県、三重県

比例近畿ブロック(定数28)
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県

比例中国ブロック(定数11)
鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県

比例四国ブロック(定数6)
徳島県、香川県、愛媛県、高知県

比例九州ブロック(定数20)
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

参議院選挙は、比例代表

選挙区は基本的には都道府県ごとに分かれています。人名を書きます。

2019年現在の定数:147人
6人1選挙区
東京都

4人4選挙区
埼玉県、神奈川県、愛知県、大阪府

3人4選挙区
北海道、千葉県、兵庫県、福岡県

2人4選挙区
茨城県、静岡県、京都府、広島県

1人32選挙区
青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、栃木県、群馬県、山梨県、新潟県 富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、三重県、滋賀県、奈良県、和歌山県 鳥取県・島根県、岡山県、山口県、徳島県・高知県、香川県、愛媛県、佐賀県、長崎県 熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

比例代表制
2019年現在の定数:98人
全都道府県を選挙区とする比例代表制です。政党名もしくは人名を書きます。

地方の1人区が鍵を握る

参議院選挙の選挙区では、複数区と1人区があります。複数区の2人区では、与党と野党が1議席ずつ分け合います。1人区であれば、与党と野党どちらかが議席を取ることになり、1人区が勝敗の鍵を握ります。そのため、自民党、公明党の与党、立憲民主党、国民民主党などの野党は、1人区を重視しています。

インターネットと最も相性がいいのは、参議院比例区

参議院比例区は、全国の人が投票できるため、特定の業界団体の推薦、インターネットで有名、知名度の高い人が当選しやすい仕組みになっています。

参議院比例区で当選した芸能人でいえば、元speedの今井絵理子さん、須藤元気さんなどがいます。芸能人ではありませんが、全国のオタクからの支持がある山田太郎さんも50万票を集めて注目されました。N国は、参議院比例区で1%ほどの得票で当選しましたが、最も当選しやすい選挙で議席を獲得しました。

衆議院比例区もネットと相性がいい

衆議院比例区はブロックごとに分かれていますが、最も定数が多い近畿ブロックでは定数が28のため、3%ほどの得票率で当選できます。

大きい政党以外は、
比例区で議席の獲得を目指す

小選挙区は、複数の候補者がいても、1人しか当選しないため、小さい政党は、比例区もしくは、3人以上当選する選挙区(参議院選挙区のみ)での選挙で議席の獲得を目指すのが定石です。

次回の衆議院選挙も、小さい政党は、比例区の定数の多いブロックを重点的に力を入れます。N国も定数の多いブロックを中心に議席獲得を目指しています。

3.政治 参議院選挙で
議席を獲得するまでの4ステップ
この記事を共有
  • シェアボタン(facebook)
  • シェアボタン(twitter)

Comment

ご覧いただきましてありがとうございます。
感想や意見などあれば、お気軽にコメントください。

*がついている項目は必須です。

コメント*
名前(ニックネーム可)*

ネットに詳しい選挙ウォッチャー