ネットに詳しい選挙ウォッチャー 3.政治 参議院選挙で議席を
獲得するまでの4ステップ

立花孝志さん生い立ちから参議院議員になるまでがわかりやすくまとまっています。

〈 立花孝志の生い立ち「正義のために、国民のために」 〉

NHKから国民を守る党と
れいわ新選組が議席獲得した理由

NHKから国民を守る党とれいわ新撰組が議席を獲得した理由

今までは、テレビであまり放送されていない政治団体では、当選するのは難しかったです。

れいわ新選組は、山本太郎さんが参議院議員でしたので、テレビに出る機会はありましたが、立花孝志さんは地方議員の経験はあるものの、政見放送以外では露出がほぼありませんでした。ユーチューブで多くの人に見られて、N国の主張がある程度支持されたからこそ、参議院の議席を獲得できたわけです。

今回あらためて、ネットが選挙に影響を与えた史上初めての国政選挙といわれています。立花さんはネットは現代の鉄砲であるといいます。

参議院選挙で議席を獲得するまで4つのステップを経て、参議院になったと考えています。

第1ステップ
人気の政治家YouTuberになる

N国党が参議院選挙で議席を獲得するまでの選挙戦略とはどのようなものだったのでしょうか?

まず、立花孝志さんがNHKの集金人とのバトルなどをYouTubeで情報発信して、再生回数やチャンネル登録者を増やし、知名度を上げます。

真面目に政策を訴えても、YouTubeは再生されない現実があります。YouTubeは視聴時間が長く、視聴回数が多く、チャンネル登録者数が多いチャンネルを、優先的におすすめの動画として推薦してくれる仕組みがあります。

いくら知名度が高い人がユーチューブに投稿しても、視聴されなかったり、視聴時間が短かったりすると、推薦されることはなく、動画の存在自体を知られることなく、誰にも見られることもない状態になります。

立花さんの動画の中でも、再生回数が多いものと少ないものがありますが、動画の中身が大事ということです。立花孝志さんのYouTubeチャンネルには50万人以上の登録者がおり、今までに1400本以上の動画が公開されています。

第2ステップ
自分が地方議員になる

YouTubeの登録者数が増えて、知名度が上がったところで、NHK受信料相談窓口のコールセンターや選挙活動などのボランティアを集めます。そして、立花さん自身がまずは、地方議員に立候補します。

選挙戦略上で最も大事なのが、選挙区選びです。市議会でも定数が多い市を選ぶのがポイントで、例えば定数50人の選挙区であれば、2%程度の得票で済むわけですから、100人のうち2人の有権者の心に刺さり、投票してもらえばいいわけです。これが、定数が5人の選挙区であれば、10%程度の得票が必要ですから、なかなか厳しくなります。

実際に、2015年に、千葉県船橋市議会議員に初当選します。2016年には、船橋市議を辞職して、東京都知事選に立候補して、落選したものの知名度を高めることに成功しました。2017年には、東京都葛飾区議会議員に当選します。019年に葛飾区議会議員を辞職して、大阪府堺市長選に立候補し落選したものの、5%の得票率で、より知名度を高めました。

〈 「NHK経理から国会議員へ」私が見た立花孝志のしたたかな転身術 〉

第3ステップ
仲間が地方議員になる

同じ集票方式で、東京や千葉県を中心に全国に地方議員を当選させていきました。地方議員に当選すると、地方議員として給料がもらえ、N国の活動に専念することができます。地方議員が、選挙活動を手伝うことができるようになったため、選挙にも準備ができ、選挙にも当選しやすくなりました。

立花孝志さんのYouTubeだけでなく、他の市議会議員もYouTubeやツイッターを開設し、N国の影響力を強めました。また、議員報酬を一部党に提供することにより、資金を確保していきました。

第4ステップ
自分が参議院議員になる

YouTubeで集めた参議院選挙立候補者と、支援者から借金して集めた資金や地方議員から集めた資金で、参議院選挙に立候補することになりました。結果、2019年参議院選挙では、全国の小選挙区152万票 比例区98万票獲得し、比例区で1議席を獲得しました。

小選挙区で、N国の候補者がいることにより、掲示板に貼られたポスターで党名を覚えてもらいやすくなりなります。立候補者の顔写真ではなく、N国の党名が目立つポスターです。

与党にも野党にも入れたくない人は一定いますので、幸福実現党が全国に候補者を立てなかったことが、そういった票が分散されることがなくすみました。それだけでなく、投票所で1枚目は小選挙区を書くわけですが、与党候補、野党候補、N国候補と3つ巴になり目立ちます。投票所の1枚目で初めてN国の存在を知った人も少なくなかったでしょう。結果的に、2枚目の比例区でもN国と書く人が増えました。

比例区の票を増やすために、小選挙区に立候補するというのは、今までにない新しい戦略といえます。

4政治 次の衆議院選挙までの
4つのステップ
この記事を共有
  • シェアボタン(facebook)
  • シェアボタン(twitter)

Comment

ご覧いただきましてありがとうございます。
感想や意見などあれば、お気軽にコメントください。

*がついている項目は必須です。

コメント*
名前(ニックネーム可)*

ネットに詳しい選挙ウォッチャー