ネット集患の教科書 1.ネットは、現代の「鉄砲」である

スマホが普及して、検索エンジンにキーワードを入力して、飲食店などのお店を選ぶようになりました。医療機関を選ぶ際も同じように、スマホで検索エンジンにキーワードを入力して、クリニックを選ぶようになりました。

戦国時代、鉄砲を導入した織田信長が勢力を拡大したように、ネットに力を入れているクリニックが新規患者さまを集めています。集患に限らずですが、ネットは、現代の「鉄砲」であるともいえます。鉄砲の使い方を知っているかどうかによって、クリニックの新患数が変わり、業績も大きく変わります。

ネット集患がうまくいかないと
閉院する可能性も

ネットは、現代の「鉄砲」である

私は、2009年日本有数のクリニック激戦区である新宿駅前に新宿駅前クリニックを開業しました。大都会新宿では、看板は無数にあり当院はビルの5階にあることから、看板などで認知されるわけではなく、ネット経由の患者さまがほとんどです。

ということは、ネット集患の力が新規の患者さまの人数に直結しますし、ネット集患がうまくいかなければ、死活問題です。最悪の場合、自分の運営しているクリニックが閉院になってしまう可能性もあります。一度勉強しても、日々ネットマーケティングは変化していて、最新の知識を情報収集していかなければ、すぐに取り残されてしまいます。

今でも、毎朝起きると、すぐにGRC(ジーアールシー)というグーグルやヤフーの検索順位のチェックツールで、順位を確認するのが日課です。SEOセミナーに出席したり、著名なSEOの専門家に家庭教師のように教えてもらったりと研究を続けています。

最近では、初めてお会いする開業医の先生に「専門は?」と聞かれると、「ネットマーケティングで、その中でもクリニックのSEOが専門です」と冗談をいうくらい勉強してきました。

開業医は、ネット集患から
逃れることができない

私はネットは疎いから」と勉強するのを敬遠する開業医といますが、開業医を続けていくなら逃げることができません。>今後、スマホでクリニックを探す人の割合は益々増えていますし、今後クリニックを取り巻く環境はより厳しくなっていくと予想されています。

開業医や開業コンサルタントから
最もよくされる質問は?

開業医や開業コンサルタントの方々から、最もよくされる質問は、ネット関連のサービスについてです。

「ホームページ会社はどこがいいですか?」

「ネットの業者からMEOに関するサービスを勧められているんだけど、やった方がいいですか?」

「有料で病院検索サイトに登録しようと思うのだけど、登録した方がいいですか?」

など、よく相談を受けます。

おそらく、いいのか悪いのか判断する知識をお持ちでないため、なかなか判断することができずお困りでご相談いただくわけです。しかも、実際に導入しても残念なことに効果が出ているのか、出ていないかわからないこともあります。

基礎知識を身につけ、「どのような施策をすればいいのか?」わかるようになり、業者に騙されることなく、適切なネットサービスを選び判断することができるようになればと思います。

2.なぜ、検索結果の上位に
表示されなくてはいけないのか?
この記事を共有
  • シェアボタン(facebook)
  • シェアボタン(twitter)

Comment

ご覧いただきましてありがとうございます。
感想や意見などあれば、お気軽にコメントください。

*がついている項目は必須です。

コメント*
名前(ニックネーム可)*

ネット集患の教科書