婚活女子への処方せん 1. あなたの結婚市場に
おける偏差値とは?

「彼を知り己を知れば、百戦殆うからず」 という、 孫子の有名なことわざがあります。
「彼を知り己を知れば、百戦殆(あや)うからず」とは、「向かう相手の実情と自分の実力を正しく知ることで、負けない戦い方ができる」という意味です。

彼というのは、婚活している女子にとっての彼(彼氏候補も含む)にも同じことがいえます。
なかなか結婚できない婚活女子は、「婚活男子の実情と、自分の結婚市場における男性からの評価を正しく知らない」ために、負ける戦い方をしていることも少なくありません。

就活では妥協するのに、
婚活では妥協しない

妥協しない

就活は、学歴で書類選考され、ある程度面接まで進める企業が決まっており、実力とかけ離れている会社の面接は受けないものですが、婚活になると、実力とかけ離れた異性と結婚しようとします。

いつまでたっても内定が取れず就活を続けて、就職できないというのは、いつまでたっても結婚しないで婚活を続けて、結婚できないというのと同じです

もちろん、妥協しないで結婚せず独身でいることも選択肢ですが、現実的に、自分の実力に合わせて、どうにか妥協してでも結婚した方が良いこともあります。

結婚市場における偏差値が
わかれば、客観視できる

それでは、どのように男性からの評価を把握することができるのでしょうか?
高校や大学受験において偏差値表がありますが、それを婚活にも当てはめて、結婚市場における偏差値表を作成することができます。

自分の偏差値を把握し、外見や年収などから、男性の偏差値を推定し、マッチしやすい男性にアプローチすることができます。
特に、婚活の残された時間がない35才以上の女性であれば、マッチしにくい男性ばかりにアプローチするのは危険です

一方的に恋していると「快感」を感じる脳内物質が出て、気持ちがいいかもしれませんが、結婚につながらない無駄な時間を過ごして、気づいたら婚期を逃してしまっては元も子もありません

自分の結婚市場における偏差値をつけるのは、時には残酷でありますが、大事なことだからこそ、自分を客観的に把握するべきです。

●年齢と共に、結婚できる相手の
偏差値も下がる

年齢と共に自分の結婚偏差値は下がりますし、それに伴い、結婚できる相手の偏差値は下がります。
30才の女性と35才の女性では、結婚できる相手は異なりますし、時に結婚市場は無慈悲です。

●男性よりも女性の方が
下がりが急である理由

当然、女性だけでなく男性も年齢と共に下がりますが、女性の方が外見のウエイトが大きく年収のウエイトが小さいので、その分、急になります。

●偏差値が離れすぎていたら、結婚できない

一部例外を除き、結婚市場での偏差値が離れすぎていたら、交際することはあっても結婚できません。

例えば、35才過ぎの外見・性格の良くない女性は、大企業の正社員で同い年くらいの外見・性格の良い男性と結婚するのは難しいでしょう。

目を背けたくなるかもしれませんが、現実を見るのも幸せな結婚への第一歩になります

●性格は妥協してはいけない

妥協した方がいいというと、なにか嫌なイメージがありますが、私は外見や年収を妥協すれば、幸せな結婚生活をおくることができると考えています。

逆に、性格を妥協したら、不幸せな結婚生活をおくることになってしまいます。性格は妥協してはいけません。

●性格の一致なくして結婚なし

離婚の最も多い理由は、性格の不一致です。性格が合うか合わないかは一緒に時間を過ごさないとわかりません。

「性格の一致なくして結婚なし」といえるでしょう。

差がありすぎる相手と結婚すると

差がありすぎる相手と結婚

なにかの偶然で、結婚偏差値に差がありすぎる相手と結婚したとしても、偏差値の低い方は、自分の偏差値より素敵な人と結婚できて良いのですが、高い方は自分よりも偏差値の高い異性が寄ってくることになるので、もっと別のいい人がいることに気づいてしまい、夫婦関係がうまくいかず離婚することもあります。

少なくとも、結婚市場の偏差値がかけ離れていると、なかなかうまくいきません。
必ずしも結婚は、いい人と結婚することが幸せとは限らないのです。

上記の内容を元に、具体的に、結婚市場における偏差値を見ていきましょう。

1位63、2位58、、、10位37

偏差値というのは、母集団が正規分布の場合、おおよそ以下が目安になります。

1位 63
2位 58
3位 55
4位 53
5位 51
6位 49
7位 47
8位 45
9位 42
10位 37

偏差値について詳しくは、こちらのページご参照ください。

<男性の結婚偏差値=外見×年収×性格>

外見と年収と性格のかけ算ですから、2つの要素が高くても1つの要素が低いと、結婚偏差値が高くでることはありません。

例としては、以下のようにタイプに分類することができます。

顔が普通の中小企業正社員、性格は普通
結婚偏差値50=外見偏差値50×年収偏差値50×性格偏差値50

イケメン大企業正社員、性格は悪い
結婚偏差値54=外見偏差値58×年収偏差値58×性格偏差値45

ブサイクなフリーター、性格は良い
結婚偏差値45=外見偏差値42×年収偏差値37×性格偏差値55

<女性の結婚偏差値=外見×年収×性格>

外見と逆で、男性と比べて、結婚相手の基準における年収のウエイトは大きくありません。
自分より稼ぎが多い女性は嫌という男性もいます。

年収については、偏差値の世界でいえば、男性の年収偏差値の母集団が正規分布のときよりも、分散していません。偏差値50の中央に集中しています。

要は、年収や職業ではあまり差がつかないということになります。
その分、外見のウェイトが大きくなります。

男性の外見の偏差値表

男性の外見を、偏差値ごとに5段階に分類しました。

58以上 イケメン
53~57 格好いい
48~52 普通
43~47 格好よくない
42以下 ブサイク

があります。

5人に1くらいの顔面はイケメンではないというツッコミはなしでお願いいたします。

例えば、顔が格好いいけど、身長が低い男性であれば、普通と判断することになります。外見は総合的に判断します。

外見の良し悪しは、好みに個人差がありますので、評価する人により前後しますが、結婚市場において標準的な評価を基準とします。

女性の外見の偏差値表

女性の外見を、偏差値ごとに5段階に分類しました。

58以上 美人
53~57 可愛い
48~52 普通
43~47 可愛くない
42以下 ブス

例えば、顔は可愛いけど、太っている女性であれば、普通と判断することになります。外見は総合的に判断します。

男性の職業別の偏差値表

男性の職業を、偏差値ごとに7段階に分類しました。

63以上 グローバル大企業正社員、医師
58~63 名門大企業正社員、国家公務員、弁護士、歯科医師
53~57 大企業正社員、地方公務員、税理士、薬剤師
48~52 中小企業正社員
43~47 零細企業正社員
37~42 非正規雇用社員
37以下 アルバイト、無職

個人事業主や会社経営者は、個人差がかなりあるため、除外しました。グーグル検索すれば、ホームページなどで事業規模を確認することはできます。

上記以外の職業も沢山ありますが、割愛させていただきました。

婚活女子からは、大企業の社員、公務員、経営者、医師などが人気があります。独断と偏見もあるかもしれませんが、婚活女子からのアンケートを元に作成しました。

職業別の偏差値から、年収偏差値を類推することができます。あえて年収ごとに作成しなかったのは、傾向と対策が職業別になるためです。

職業別年収の標準的な給与については、こちらのページをご参照ください。

●男性の職業別傾向と対策

グローバル大企業社員

世界中に展開しているグローバル企業です。日本国内でグローバル展開している企業も含まれます。

女性にはあまりなじみがないグローバル企業もあるので、後でグーグル検索して調べてみるのも良いでしょう。ライバルの婚活女子が見過ごしている思わぬお宝企業かもしれません。

名門大企業社員

国内企業で誰でも知っている大企業です。

「どこに勤めている男性と結婚するの?」と聞かれると、○○○(会社名)に勤めている人だよ。くらいの知名度があります。

中小企業よりも安定性があり、福利厚生なども充実しています。

医師

私立の医学部卒業の医師は、医学部6年間の学費が1000万円~5000万円前後しますから、親が医師や、資産家である可能性が高いです。

私も開業医なので、そこらへんの事情には詳しいのですが、開業医や大病院の息子は安定性があります。

医師である男性本人だけでなく、繁盛しているクリニックや病院の院長である親は、かなりの資産を持っている可能性が高いでしょう。代々医者の家系で、資産が受け継がれていることもあります。

私立の医学部の医者はボンボンで頭が良くないイメージもありますが、現在、私の卒業した帝京大学医学部も、どこの私立医学部も早慶理系レベルの偏差値があります。

●医師の妻になる欠点も

医師

全てが当てはまるわけではありませんが、

「兄弟が医師だと、どちらが継ぐか揉めることがある」

「伝統的価値観、保守的な家庭が多いので、窮屈に感じることがある」

「私の男性医師の友達が結婚するときにもありましたが、男性の両親に結婚を反対されることがある」

「「子供を医者にしなくてはいけない」という親からのプレッシャーがきついこともある」

逆に、子供を医者にしたいなら、医師との結婚は確率が上がることでしょう。

●医者と知り合うには?

結婚適齢期の医者は、病棟勤務や当直で忙しく、横のつながりが強く、なかなか出会いの場所に行く機会がありません。

そのため、男性医師が結婚するのは、女医看護師薬剤師など医療関係者の比率が高いです。

横のつながりが強いということは、医者とのつながりが強い医者とつながることが大事になります。

具体的には、男性の医師、女性の医師、製薬会社営業担当(MR)、などがありますが、より多くの男性の医師を知っている人と友達になり、会う機会に呼ばれるようになることです。

●最も医師と結婚する確率が高い職業は?

その中でも、最も男性の医師と結婚する確率が高い職業があります。

私の友人の男性医師も結婚しましたが、それは、「医局の秘書」です。

医局の秘書というのは、医療秘書とも呼ばれますが、大学病院や総合病院などの外来や病棟ではなく、医局で医師達の書類作成やスケジュール管理などをおこないます。イメージとしては、医局は、1人1台のデスクが用意され、休み時間には休憩している医師もいます。

病棟などの資格の必要な看護師よりも良いのは、病棟では、医師は数人しか働いていませんが、大きな医局では、数十人の医師が働いています。その分、男性の医師との出会いは増えます。

偏差値について詳しくは、こちらのページご参照ください。

開業医は、経営リスクがある

開業医は、経営リスクがある

開業医は、個人事業主と同じように、経営リスクがあります。特に、都心部のクリニックは過当競争となっており、年収1000万円を切る開業医も珍しくありません。

繁盛している都会の開業医だと、年収3000万円以上、繁盛している地方の開業医だと、年収5000万円以上稼ぐこともあります。

地方が嫌でなければ、地方の繁盛している開業医の跡継ぎ息子が最強かもしれません。

歯科医師

歯科医師は医師以上に増えてしまい、過当競争になっています。経営がうまくいかず、閉院することも珍しくありません。

歯科医師の良いところは、私立歯学部は医学部同様に学費が高く、親が内科医などの開業医や資産家であることが多く、相続に期待できます。

個人事業主

業種によっても安定性は大きく異なります。大きな借金がなく、事業がうまくいかなくなったら、事業を畳んで、会社に就職するという選択肢もあります。

会社経営者

会社経営者

一般的には、会社経営者は、個人事業主よりも事業規模が大きいですが、業種によっても安定性は大きく異なります。

年収や資産もピンキリです。年収だけでなく、会社に資産がある場合もあり、総合的に判断する必要があります。

不景気になると、経営が苦しくなることも珍しくありません。

また、いくら稼いでいても、金使いが荒い人もいるので、そのような傾向がある場合は注意が必要です。

金持ちだと思って結婚したら、借金だらけだったとならないよう、慎重に判断するべきです。

女性の職業別の偏差値表

女性の職業を、偏差値ごとに3段階に分類しました。

53以上 大企業社員、客室乗務員
48~52 中小企業社員、看護師、保育士
47以下 非正規雇用社員、アルバイト、無職

女性の職業では、男性と異なり、あまり差がつきません。最も偏差値の高い客室乗務員でも、そこまで高くはありません。

母集団が正規分布ではなく、多くの女性が偏差値50付近に集中します。

客室乗務員好きな男性など、特定の職業の女性は一定数います。

●年収の低い女性ほど、男性と結婚したい?

一般的には、年収の高い女性に比べて、年収の低い女性ほど、独身で生活するより、結婚した方が経済的に豊かになりますので、結婚に積極的です。

●年収の高い女性は、年収の高い男性のみと結婚したい?

逆に、年収の高い女性が、年収の低い男性と結婚すると、経済的に貧しくなりますので、年収が低い男性との結婚に消極的です。

「自分より年収が高い男性がいい」とストレートに言う女性もいれば、「(自分よりも稼ぎのいい)尊敬できる仕事の男性と結婚したい」とオブラートに包む女性もいます。

年収の高い男性と結婚すると、より経済的に豊かになりますので、結婚に積極的ですが、年収の高い男性は人気があるため、競争率が高くなります。

●年収の高い女性は年収の低い男性も選択肢

結婚偏差値の高くない年収の高い女性は、ライバルの多い年収の高い男性ばかりにアプローチするのではなく、性格の合う自分より年収の低い男性と結婚するのも1つの選択肢です。

年収の低い男性は、ライバルが少なく結婚市場における偏差値が低いことがわかっています。

女性の稼ぎで男性の稼ぎを補うことができるので、経済的にお互いが安定します。

女性の社会進出に伴い、今後は女性の方が稼ぎが良い夫婦が増えていくことでしょう。

男性の性格の偏差値表

53以上 良い
48~52 普通
47以下 悪い

性格は、外見や年収と異なり、男女共にあまり差がつきません。

母集団が正規分布ではなく、多くの人が偏差値50付近に集中します。

浮気する、一人で生活しても楽しく生きていけるなどの特徴がある性格は結婚にはマイナスです。

結婚する前にはわかりにくいですが、家事や子育てが好きな人はプラスです。

結婚したくない、する気がない場合は、結婚市場における性格偏差値は低くなりますが、偏差値0と設定はしません。交際するうちにその女性と結婚したくなることもためです。

中には、交際相手から結婚のプレッシャーになるのが嫌なので、結婚したくないと警戒している人もいます。

女性の性格の偏差値表

53以上 良い
48~52 普通
47以下 悪い

性格は、外見や年収と異なり、男女共にあまり差がつきません。

母集団が正規分布ではなく、多くの人が偏差値50付近に集中します。

浮気する、一人で生活しても楽しく生きていけるなどの特徴がある性格は結婚はマイナスです。

結婚する前にはわかりにくいですが、家事や子育てが好きな女性はプラスです。

●結婚向きな性格と、向きでない性格

性格はお互いの相性が大事です。

良い悪いは別に、性格によって結婚に向いている性格と、向いていない性格があります。

偏差値が離れすぎていると結婚できない

偏差値が離れすぎていると結婚できない

結婚市場における自分の偏差値を基準に、偏差値の近い自分に合った異性にアプローチすると、結婚できる可能性が高くなります

逆に、偏差値が10以上離れていると、交際はできても、結婚できる可能性は低いです。

普通の男性と結婚するのは難しい?

「普通の男性でいいから結婚したい」と婚活女子はよくいいますが、私と婚活女子の思う普通の男性には、かなりのズレがあります。

私が思う普通は、外見、年収、性格に凸凹があるが、総合的に判断すると結婚偏差値50という男性。

私が思う普通
結婚偏差値50=外見47×年収55×性格47

婚活女子が思う普通は、外見、年収、性格が全て普通以上という男性

婚活女子が思う普通
結婚偏差値53=外見53×年収55×性格51

のようなことがあります。

婚活女子が思う普通の男性は、100人男性がいたとすると、外見半分以上、年収半分以上、性格半分以上なら、0.5×0.5×0.5=0.125で、12.5人しかいません。

30才を過ぎていたら、結婚偏差値が高い男性は抜けているので、100人に10人しかいないレアな男性を求めていることになります。

私が思う普通の男性は、結婚偏差値が50以上ですから、100人に50人くらいいる計算になります。

●男の外見を妥協するのが1番?

性格は妥協するべきではないですし、年収もある程度は必要と考えるなら、外見を妥協するのが最も合理的です。

外見は格好が良くない中小企業の正社員で、性格は普通
男性の結婚偏差値47=外見43×年収47×性格51

結婚偏差値47は、10人中7番目までターゲットが広がりました。

●年収が高い女性は、年収を妥協するべき?

年収が高い女性は、年収が低い男性と結婚してもカバーできますので、その分、外見や性格が良い人と結婚できます。

外見は普通な非正規雇用社員、性格は良い
男性の結婚偏差値50=外見53×年収43×性格53

外見と年収の偏差値53は、10人中4番目でなかなか魅力的です。

結婚していない男性のよくあるパターン

結婚していない男性

結婚していない男性のよくあるパターンも説明しておきましょう。

●港区界隈で遊んでいる
エリートサラリーマン

結婚偏差値57=外見58×年収63×性格49

高級スーツを着て、「俺はモテる」とギラギラしている人もいます。

遊んでいるため、結婚向きではないので、性格的には一緒にいて楽しいのですが、結婚市場における性格偏差値は低くなる傾向にあります。

私は「港区男子」と呼んでいます。

●真面目で地味な区役所勤め

結婚偏差値49=外見49×年収55×性格42

真面目過ぎて女性との会話が得意ではないので、打ち解けるのに時間がかかります。

こういう口下手な男性を婚活女子に紹介するときは、最初会話に入って場を温めます。

結婚相談所向きで、合コンなど会話力が必要とされる場には不向きです。

面白味はないかもしれませんが、いい旦那になると思うので、応援したいです。

●結婚する気のない女好きな勤務医

結婚偏差値53=外見51×年収63×性格45

「俺はお医者さましてます」的な雰囲気を出して、周りの婚活男子を時々マウントすることもあります。

「先生、そんな態度ばかりだと、女性から偉そうで頭おかしい奴だと思われちゃいますよ」と、伝えたいですが、なかなかいえません。

本人は医者はもっとモテるはずだと思っているようですが、医者だからモテるわけではないですよ。そんなもんですよ。

●自信のない零細企業勤務の婚活男子

結婚偏差値45=外見47×年収42×性格45

自分に自信がないのが女性にも伝わり、婚活難航中。

婚活イベントで、たいして可愛くもない婚活女子から、足蹴にされた経験などのトラウマがあることも少なくありません。

統計的には、35才を過ぎるとかなり結婚できる可能性が低くなりますので、早いうちから婚活することをおすすめします。

35才年収600万円以上の男性は
訳あり物件?

35才年収600万円以上で離婚経験なしの男性には、訳あり物件の可能性が非常に高いので要注意です。

性格偏差値が低い、具体的には、結婚する気がない、人とコミュニケーションができない、性格に癖がありすぎるなど大きな問題があります。

通常、出会いがなくても、年収600万円以上あれば、売れ残ることなく結婚します。売れ残るには理由があるということです

地雷男子を選ばない

地雷男子を選ばない

婚活男子の中には、結婚しても浮気をする、お金も入れない、性格が変貌するなどの地雷男子もいます。

絶対に地雷男子を避けることがでるとはいいませんが、男性の本音を知ることにより、確率を減らすことができます。

結婚市場における
偏差値65同士の結婚とは

私の知人の中には、美人で性格も良い女医さんで、イケメンで性格も良い男性のお医者さんと、研修医時代に結婚している人がいます。

本人達は気づいていないかとしれませんが、「結婚市場における偏差値65同士の結婚だなぁ」と感心します。

あなたの結婚市場における偏差値は?

外見、年収、性格の要素に分けて、結婚市場における偏差値を説明しました。少し細かい箇所もありますが、ご理解いただけましたでしょうか?

「予想以上に自分の偏差値が低いな」と感じた女性も多いかもしれません。

残酷でもあり、心が傷ついたかもしれませんが、現実と向き合うことで、徐々にでもかまいませんので、受け入れましょう。結果的に、自分に合った男性と結婚できます

この記事を共有
  • シェアボタン(facebook)
  • シェアボタン(twitter)

Comment

婚活女子への処方せん